女性のシェアハウス利用

近年では女性が一人では寂しいとか友達が欲しいという人とのかかわりを求めてシェアハウスに入居することが増えています。しかも様々なメディアの影響でシェアハウスでの生活が美化されていることにより入居者が増えています。個人でのシェアハウスではなく事業者が運営するシェアハウスはどんどんお洒落になってきているので女性にも親しみやすくなっています。また女性限定のシェアハウスも増えており、注目度は上がっていると考えられます。

女性専用だと同性しかいないので安心なのですが男性もいるシェアハウスだと心配事は様々あります。また日本ではシェアハウスでの共同生活のルールが確立していないので様々な問題が起こる可能性があります。そこで当サイトでは女性がシェアハウスに住む場合の注意点を述べたいと思います。

まず、女性専用のシェアハウスは全員女性ということでセキュリティーはしっかりしているところが多いのでそこまでの心配はないと思います。しかし男性もいるところではシャワールームやトイレが共有であることがあるので覗きなどセクハラ行為の被害にあうことがあります。加害者はシェアハウスの管理などを行う事業者との契約で入居しているので被害者が加害者を退去させてくれといっても事業者の人が退去勧告を正式に出してくれないと加害者を退去させることは難しいのが現状です。更に初犯であると加害者はすぐに戻ってくることができてしまいます。一度被害にあってしまうとその傷はとても大きなものです。なので未然に被害を防ぐことが必要です。

ですが、男女一緒のシェアハウスでもセキュリティに力を入れている大型シェアハウスもありますので安心してください。きちんとしたところであれば、女性専用のフロアを設けていたり、オートロックを完備していたりと充分な設備を用意しています。心配な方は、必ず下見をしてから決めるようにしましょう。

参考|女性専用フロアのあるシェアハウス[DKハウス]