物件選びでの対処法

男女一緒の小規模シェアハウスを考えている場合、見学の段階で知らない男性の住む家に行くということが避けられません。またネットによる誤った情報でシェアハウスが出会いの場だと考えている男性が世の中にはいます。そう言った人がルームメイトを探している場合、やたらと家賃が安かったり、一部屋を男女でシェアしようとしていることがあります。そう言ったシェアハウスは怪しいと判断が付きます。

また判断する方法としてメールの名前を男性名にしてみたり、知り合いの男性に連絡することがあります。女性を狙ったものであれば男性だと対応が違ったり、無視される可能性があります。

もし見学に行くことになったら危険な目に遭わないために対処が必要です。誰か知り合いの男性を連れていくことや、何かあったときにすぐに逃げられるように家主に断りを入れて家の扉を開けたまま見学させてもらうことが方法としてあります。やましいことがなければ扉も開けたままにさせてくれるでしょう。

また、見学の際には華美な格好はお勧めできません。そう言った男性に興味を持たれるようなことがあっては大変です。物件を探す際は特に小規模のシェアハウスは念入りに下調べすることが必要です。